認知症患者が感じる孤独とは

認知症患者が感じる孤独とは

 

 

認知症がどんどん進行して行くにつれ、自分は何をすることも出来ないのだという気持ちが芽生えるようになり、家の中で過ごす時間が以前よりも大きくなります。趣味であったゲートボールにも通わなくなり、患者さんは日々孤独を抱えながら生活をしている人が多いです。

 

 

健康でずっと病気にかかったこともなく、経済面でも何不自由なく暮らせていたとしても、会話をする相手が誰一人としていない状態ですとやはり孤独を感じ毎日が寂しいものになってしまいます。

 


スポンサーリンク

 

認知症の人にとってもその感情は同じです。温かい人間関係を構築することが出来れば、毎日を楽しく過ごすことも出来ますし、多少の病気であれば気にかけないこともあります。

 

 

 

 

見捨てられるのではないかという気持ちが孤独を生む

 

 

認知症の症状の一つとして、家族に見捨てられてしまうのではないかという見捨てられ妄想をすることがあります。簡単に説明しますと、患者さんは認知症である自分は家族から必要とされていない、迷惑をかけているからいずれ山奥に捨てられるはずだ、などと思い込んでいる訳なんですよ。

 

 

 

 

認知症になってしまうと感情は以前よりも豊かになる場合もあるぐらいですから、このようないらぬ妄想までしてしまうようになる訳なんです。患者さんからしてみれば家族はとても大事な存在であることは間違いないはずなんです。

 

 

 

 

 

でも、その大好きな家族に対して自分は何もしてあげることが出来ない。このようなどうすることも出来ないモヤモヤから心を病んでしまい、孤独を感じてしまうようになるんですね。

 

 

 

 

 

また、体のどこにも異変がないのに家族に対し、膝が痛いとか頭が痛いなどの体の不調を訴えることがあります。本人は家族に置いて行かれるような不安を抱えているため、何とかして家族に心配して自分をかまってほしいという自己防衛本能が働いていることがほとんどです。

 

 

患者さん自ら孤独な状態を生み出すことも

 

 

自分が認知症だと正式に知らされていないにしろ、認知症特有の症状が出始めると自信を持てなくなってしまう方もいます。

 

 

 

 

このような人はどうせ自分は認知症だから話しかけても鬱陶しく思われるに違いないと、自ら誰とも関わらないように心を閉ざしてしまうこともあります。

 

 

 

 

以前元気でいつもニコニコしていたような人が、急に人が変わったかのように無口で笑顔も少なくなってきた場合このような孤独を抱えている可能性があります。患者さんの気持ちを察してあげ、こちらから優しく話しかけて上げることできっと喜んでくれるはずです。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!