認知症患者の気持ち

認知症患者の気持ち記事一覧

認知症患者が感じる恐怖

認知症にかかってしまうと、時間の経過とともに今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなり、本人は心の中で先の見えない焦りや恐怖を感じている場合がほとんどです。自分が体の中から崩れて行ってしまうのではないかという恐怖を常に抱きながら必死に戦い続けています。

≫続きを読む

認知症患者が感じる孤独とは

認知症がどんどん進行して行くにつれ、自分は何をすることも出来ないのだという気持ちが芽生えるようになり、家の中で過ごす時間が以前よりも大きくなります。趣味であったゲートボールにも通わなくなり、患者さんは日々孤独を抱えながら生活をしている人が多いです。健康でずっと病気にかかったこともなく、経済面でも何不...

≫続きを読む