若年認知症

若年認知症

 

 

若年認知症65歳未満で発症する認知症のことを指します。ちなみに、若年認知症と言うのは病名という訳ではなく、アルツハイマー病や、レビー小体型認知症などの認知症全体の中で発症年齢が若い場合に使用されている用語です。

 

 

 

若年認知症が発症する原因としましては、65歳以上の高齢者に見られる認知症と同様、アルツハイマー病や脳血管性認知症前頭側頭型認知症などの認知症が大部分を占めています。

 

 

 

その他にも、アルコール性認知症や、ビタミンが不足することによって発症する認知症、頭部外傷による認知症などの様々な原因が考えられます。

 


スポンサーリンク

 

若年認知症と言えども、基本的な事柄は高齢者が発症するような認知症と比較してみても大差はないのですが、発症する年齢が和解だけに、日常生活において不便なことが多数生じてきてしまいます。

 

 

 

若年認知症にかかる大きな問題点とは

 

 

40〜50代で発症をしてしまうこの若年認知症。社会や家庭で仕事をしたり家事をしたりなどの大事な役割を担っているだけに、高齢者の認知症と比べますと日常生活に加わる支障はより際立ってしまいます。

 

 

 

仕事を退職し、隠居生活に入った高齢者の方が認知症にかかり、日付がパッと思い浮かばなかったとしてもそれほど支障は大きくはありませんが、まだまだ働き盛りな中年の段階で日付や記憶障害が発生してしまいますと仕事に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

家庭を支える役割を持つ専業主婦の方がこの若年認知症にかかりますと、料理や洗濯、買い物をこなすことが出来なくなってしまいますから、家族の負担はより大きなものとなってしまいます。

 

 

このように、経済的な支障が生じてきてしまうなど、若年認知症は問題視されています。これらの症状が徐々に進行して行くにつれ、仕事を行う事が出来なくなってしまいますから職を失って食べて行くのに苦労をすることになります。患者さん本人が一家の大黒柱として働いているだけに、経済的に立ち行かなくなる場合が多いことも大きな問題です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、家庭を引っ張って行く役割であったが故に介護の面でも深刻な問題が生じます。若年認知症は高齢での認知症に比べますと進行はやや早い印象を受けます。家族が「認知症なのでは?」と気が付いたときにはすでに遅し、認知症の症状がかなり進行している場合が多いのです。

 

 

 

 

 

早い内から対処をしようと思っても認知症の周辺症状のような徘徊や暴力を振るうなどと言った攻撃行為も目立つようになります。一家を引っ張る大黒柱が機能しなくなったことによるショックや、介護をしなくてはならない家族の負担を考えても、高齢者を介護する場合以上にかかる負荷は大きなものになるように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

かと言って、受けられる介護サービスが限定されることも、若年認知症の困った問題点です。現在の介護施設の利用者の多くは高齢者の認知症患者が占めていますので、その中にまだまだ若い認知症患者さんが利用をしようと思っても、体力的な違いや介護サービスが自分には合わなかったなど、利用することが難しいという現実を忘れてはなりません。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!