認知症患者の嫉妬妄想を抑えるために必要な事

認知症患者の嫉妬妄想を抑えるために必要な事

 

 

認知症にかかった父が、訪問介護として家に訪れるヘルパーさんに対して嫉妬妄想をするという事をよく耳にします。ヘルパーさんと自分の妻が楽し気に話しているのを見ると、浮気をしているのではないか・・?と疑うようになってしまうんですね。

 

 

 

嫉妬妄想は介護をしてくれるヘルパーさんにも迷惑がかかりますので何とかして止めさせたいと考えている方が非常に多くいらっしゃいます。

 


スポンサーリンク

 

嫉妬妄想が引き起こされる原因は?

 

 

 

このような嫉妬妄想が引き起こされる背景には、認知症にかかって家族に迷惑ばかりかけているという思いから、自分に対する自信が失われているということがほとんどです。

 

 

 

 

 

自分よりもヘルパーさんの方がしっかりしているし、優れているから妻(夫)はヘルパーさんに好意を寄せているはずだ。と何の根拠もない嫉妬を抱くようになるんです。

 

 

 

 

 

この嫉妬妄想は女性よりも比較的男性に多く見られるのが特徴的で、場合によっては抱き付くなどの性的逸脱行為や暴力を振るってくることもありますから注意が必要です。

 

 

嫉妬妄想への対処法とは

 

 

いくら認知症であったとしても、自分の妻や夫に対して嫉妬妄想を頻繁に起こしている姿を見るのは悲しくなります。かと言って、患者さんに対して強く否定したり、上から叱るような対応をしても全くもって意味がないことを覚えておく必要があります。

 

 

 

 

 

なぜなら、本人は実際に浮気をしているという確たる証拠が頭の中にインプットされているからです。健常者の方が、自分の恋人が見知らぬ異性と手を繋いだりキスするところを自分の目で目撃した、そんなイメージを持ってもらえば分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

ですので、嫉妬妄想で癇癪を起こしている場合でも、まずはしっかりと患者さん本人がどのような感情を抱いているのか、しっかりと耳を傾けて上げる事が必要です。

 

 

 

 

 

 

その際にも、それは違うよなどと、ツッコミを入れるのではなく、本人が納得のいくまで根気よく愚痴を吐き出させてしまえば、案外落ち着いてくるものです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、この嫉妬妄想が起きる最も根本的な部分は、患者さんが愛情に飢え、孤独を感じていることが考えられます。認知症になったからと言っても人としての感情はしっかりと残っています。そのため、誰とも話すことがなければ寂しいという気持ちが積もりに積もって嫉妬妄想と言う形で爆発してしまうんですよね。

 

 

 

 

>>関連記事:認知症患者が感じる孤独とは

 

 

 

毎日患者さんと楽しい会話をすることを心がけ、介護をして行く中でもしっかりと手を握って上げる、場合によってはハグをしてみてもいいかもしれません。スキンシップをしっかりと行うことで、患者さんが抱えている孤独な感情を少しでも和らげることが可能になります。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!