認知症患者の徘徊は危険!命を落とすことも

認知症患者の徘徊は危険!命を落とすことも

 

 

認知症の周辺症状として代表的なものがこの徘徊です。まず、皆さんは徘徊についてどのような認識をお持ちでしょうか?

 

 

 

目的もなく、ただ家を飛び出してふらふらとさまよい続けるものであると考えていらっしゃる方が多くいます。確かに徘徊の中には、ただ歩きたいという欲望から目的を持たずに出歩くこともあるのですが、基本的に徘徊を行う場合、患者さんの中では外に出歩かなければいけない何かしらの目的を持って出かけるという事もあるのです。

 


スポンサーリンク

 

徘徊になってしまう原因は?

 

 

 

例えば、散歩に出掛けた奥さんに会いに行くために外出をしたものの、どこに向かえばいいのか分からずひたすらさまよった結果、迷子になってしまうということが徘徊の一つに挙げられます。

 

 

 

 

 

その後、家を求めて再び歩き始めるのですが、どこにいるかすら分かっていない状態な上に、自分の家すらも忘れてしまっていることから、この段階になると自分ではどうすることも出来ないんですよね。

 

 

 

 

 

大抵は、警察の方に発見されることになるのですが、見つけられなかった場合、自宅から20kmも離れた場所で見つかったというケースもあります。そして、発見された際にもどうして家を出たのかという質問に対しては、当初の理由を忘れている事がほとんどですので、意味もなくさまよい続けるとみなされてしまう訳なんですね。

 

 

 

徘徊の対処法は?

 

 

徘徊を行う認知症の方は、主に足腰が元気な高齢者の割合が多いのが特徴です。体力のあるお年寄りですので、外にふらっと出歩いたがために事故に遭うなんてことは考えたくないです。

 

 

外出には家族が付き添う

 

 

 

徘徊をする患者さんの気持ちを理解して上げることがまずは大事です。ごそごそと外に出掛けようとする場合は何か目的を持っている場合がほとんど。また徘徊をするのではないか、と監視の目を光らせて鍵を厳重にかけてしまうのは止めておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

外出すること事体を制限してしまうと、患者さんは外に出させて貰えないと不満を覚えるようになります。むしろ、自分は家族に見張られているからこそ、逃げ出して自分の思い通りに出歩きたいと考えてしまうんです。

 

 

 

 

外出を止めさせるのではなく、時間など忙しいかとは思いますが、出来る限り患者さんと一緒にお散歩をしてあげてください。

 

 

 

デイサービスなどを上手に利用

 

 

もしも、仕事などで日中自宅には患者さん以外誰もいないという状況になってしまうのであれば、デイサービスやショートステイなどの介護サービスを最大限に活用して、極力一人きりにさせないことが大切です。

 

 

 

 

施設内では、常に介護スタッフが見てくれていますから、介護サービス利用時に徘徊をすることはほとんどないかと思われます。もしも、徘徊が生じた場合でも瞬時にスタッフが対応し、発見をしてくれますから安心ですね。

 

 

 

服や靴などに名札をつけておく

 

 

 

徘徊をして行方不明になった時に備え、予め普段身に着けている服や靴に、患者さんの名前や連絡先を書いておきましょう。背中側ですと患者さんからは見られないですから、名札を取ってしまうという心配も少なくなります。

 

 

 

 

目立つような配色を施しておくと、通行人に発見してもらいやすくなりますので、赤い服には黄色の名札でしたり、カラフルで派手な名札を付けておくと良いでしょう。

 

 

 

GPSなどの検索システムの活用

 

 

 

何度も何度も徘徊を繰り返すようであれば、全地球測位システムであるGPS機能を用いた携帯やパソコンによる探索システムを利用してみても良いでしょう。月ごとの基本料金も割と低めに設定されており、それとは別の料金を支払うことで警備員が患者さんのいる現場へと急行、そのまま身柄を確保してくれるサービスまであります。

 

 

 

 

 

普段から徘徊をしないように対策を施しておけばそれに越したことはないのですが、ふと目を離した隙にいつの間にかいなくなってたなんてこともありますし、GPSを用いたこのようなサービスに申し込んでおくとより安全ですね。

 

 

 

 

おススメなのがセコム株式会社のココセコムという商品。契約件数NO.1のセコムだからこその安心感が違います。もしも、まだこのようなGPS機能を用いたサービスを患者さんに提供していないのであれば、この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!