認知症患者が抱える被害妄想

認知症患者が抱える被害妄想

 

 

認知症患者が抱える被害妄想として、物盗られ妄想の他には、自分は家族に見捨てられるのではないかという見捨てられ妄想を抱くこともあります。

 

 

 

この背景には、認知症になってしまい迷惑をかけている自分が情けなく感じている場合が多いです。ですので、介護をする家族の方はいち早くその気持ちに気付いてあげることが大切になります。

 


スポンサーリンク

 

  • 家族がいじめる
  • 嫌われているのではないか
  • 食事に毒を盛られているのではないか
  • どこかに自分を捨てる計画をしているはず

 

 

 

患者さんはこのような被害妄想を抱えることがあり、(それでもまだほんの一部ですが)本人と家族との関係を悪いものへと変えてしまいます。基本的に本人が妄想として訴える内容としては、家族がこれっぽっちも思っていないような根も葉もない事がほとんどなのですが、事態をかなり深刻なものとして考えています。

 

 

 

 

 

 

 

実際にはそんなことを思っていないにしろ、強く反論したり否定をしたりするとその言葉のさらに裏を勘ぐろうとしてしまい、ますます状況が悪化することに繋がりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

このような妄想に対する適切な対処としまして、まずはしっかりと本人が抱えている被害妄想をしっかりと最後まで聞いてあげる事。人は誰かに話しを聞いてもらうだけでも心がスッキリとするものです。

 

 

 

 

 

 

 

話してもらった内容に対して真摯に受け止め、笑顔で手を握って上げるなどのスキンシップを図り、患者さんを安心させてあげましょう。そして、最近患者さんとの会話が減っているということはありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

被害妄想を訴える気持ちの裏側には、認知症になってしまったのだけど、何とかして家族のためになることをしたい、迷惑をかけたくないという強い気持ちが働いているということを忘れないで上げて下さいね。

 

 

 

 

 

 

今日の天気はいいですね。などと何気ない会話でもいいですので、積極的に話しかけてあげることで患者さんは安心し、被害妄想を抱えることも少なくなるはずです。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!