認知症の方は何で仕事に行こうとするの?

認知症の方は何で仕事に行こうとするの?

 

 

かなり昔に仕事を退職して隠居生活を始めたにも関わらず、ふとした拍子に会社に行こうと車に乗り込むことがあります。なぜ、認知症の方は退職したにも関わらず再び仕事に向かおうとするのでしょうか?

 

 

 

最近の記憶が失われている認知症の患者さんからしてみたら、過去の記憶の中で生きていることが多いです。そのため、自分は現役バリバリで仕事をしているから早く仕事に行かなけらばならないと思っている訳なんですね。

 

 

 

本人からみたら仕事に行って家族を養うために職場へ向かおうとしている訳ですから、家族に止められる理由に納得がいかないんです。また、家族に対して名刺を渡すようなしぐさを見せたり、会議があるからといってお茶やコーヒーをテーブルの上に並べ始めると言った行動も見られます。

 


スポンサーリンク

 

なぜこんな事をするの?

 

このような行動を起こす理由に、認知症による常同行動が挙げられます。常同行動というのは特定の行為や行動に拘るようになり、それを何回も繰り返すようになることを指します。常同行動を起こす確率が高いのは、認知症の中でも前頭側頭型認知症(ピック病)で多く見られる現象です。

 

 

 

このような仕事に行こうとする行為の他にも、手を叩くようになったり毎日自分の中で決めた生活リズムを過ごさなければ気が済まないなどの色々な現象が見られます。

 

 

 

仕事に行くのを止めるべきか?

 

 

 

 

認知症を起こしたからと言って過去の記憶がすぐに失われるという訳ではありません。バリバリ現役で働いていた時代や、子育てから趣味など充実していた時代を思い出して、以前の輝きを取り戻したいからこのような行動をとってしまうのですね。

 

 

 

 

特に周りの人に迷惑をかけていないようであれば、無理してその行動を止めさせる必要はありません。本人はせっかく頑張ろうとしている訳ですから、止めさせられますと気分を害してしまいます。

 

 

 

認知症,症状,仕事に行こうとする

 

 

 

認知症の人は、同じ行動を何回も繰り返したり、ある作業に熱中することがあります。このような行動は家族にとってみれば理解出来ないものが多いのではないかと思います。このような行為はある意味では、本人がどの時代に生きているのかを理解するための一つの指標となります。

 

 

 

 

認知症の人が戻る過去と言えば、仕事や子育てなどの輝いていた時代です。認知症に罹ってしまい、何の取柄が無くなってしまったことを何とかしようという思いから無意識にプライドを維持している可能性もあります。

 

 

 

 

周囲の人は本人や周りに危害が及ぶ可能性がある場合のみ止めさせましょう。それ以外であれば、本人はその世界観を楽しんでいることがほとんどですので、優しい視線を送りつつ見守ってあげましょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!