トイレの場所が分からずに失敗をするのはなぜ?

トイレの場所が分からずに失敗をするのはなぜ?

 

 

認知症の患者さん、特に男性はトイレの場所が分からずに廊下や洗面所、もしくは部屋の隅などトイレとは全く関係のない場所で用を足してしまう事がしばしば見られます。なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

 

 

 

認知症患者さん本人からしてみたら、見当識障害のためにトイレがどこにあるのか分からない状態ですので非常に困っているのです。用を足したいのになかなかトイレが見つからない。健常な方でもこのような経験をされる方はいると思います。

 

 

 

 

それと同じ状況が認知症患者さんの中で起きているんです。そして、必死に探し回って歩いていたら、やっとそれらしき場所が見つかり安心して用を足す。本人はしっかりとトイレで用を足したと思い込んでいるんですね。

 


スポンサーリンク

 

こんなケースも

 

 

認知症の人たちは近い記憶から徐々に失われていきます。そのため、昔の記憶すなわちトイレと言えば和式トイレであるという考えを持つようになる場合もあります。洋式トイレをどのように使えばいいのかが分からず、床で用を足してしまったり便器の縁に足をかけて転倒してしまうという危険性もあるので注意が必要です。

 

 

 

 

認知症患者さん本人も落ち込みます

 

 

 

排泄の失敗というのは患者さん本人からしてみればとてもショックと感じるはずです。特にそれほど認知症の症状が進んでいないような人からしてみれば、自分は排泄に失敗してしまった。恥ずかしいし認知症はここまで進行しているのか・・。と酷く悲しみます。

 

 

 

 

そこで、排泄のミスを家族に見られまいとして、汚れた衣類をタンスの奥にしまい込んだり人目に付かないところに隠したりして、「トイレのミスを犯したのは私ではない」と頑なな態度を取ることもあります。

 

 

 

排泄の失敗と言うのは人間のプライドを大きく傷つけてしまう行為ですので、絶対に認めようとしないのが大きな特徴です。自分の失敗を認めることはまれであり、大抵は自分ではないと言い張るか、あなたが失禁をしたんでしょ。と他人に自分のミスをなすりつけたりもします。

 

 

 

 

排泄の失敗が頻繁に起こるようになると、片付けもそうですし何より介護の精神的な負担も大きくなります。ですが、ここで重要なのは認知症患者さんのプライドを傷つけたりしないこと。決して心ないような発言をしてしまってはなりません。排泄の失敗をするにはちゃんとした原因がありますから、まずはそれらの原因を排除して行くことから始めてみましょう。

 

 

トイレの失敗を繰り返さないために

 

 

認知症患者さんは見当識障害で、トイレの場所や使い方を忘れていることがほとんど。そのため、トイレの場所を分かりやすく誘導してあげるなどと言った工夫が必要です。

 

 

 

トイレの位置を分かりやすく示す

 

 

トイレのドアには分かりやすく大きな文字で便所と書き示すことで認知症患者さんはここがトイレなのだと安心することが出来ます。廊下が複雑な造りになっている場合はトイレの場所まで矢印などの誘導をする張り紙を作っておいたり、手すりなどを用意してそこをつたっていけばトイレに辿りつけるというような工夫をすると、認知症患者さんでも一人でトイレの位置を把握することが出来ます。

 

 

 

排泄リズムを作る

 

朝起きたらトイレに行く、ご飯を食べたらトイレに行くなどのリズムを作ってあげることも大切です。その際にもしトイレの使い方に戸惑いを見せているようでしたら、患者さんにトイレの使い方を教えて上げながら実践してもらう事でトイレの失敗を減らすことが出来るでしょう。

 

 

失敗しても寛大な気持ちで

 

患者さんが仮にもトイレを失敗してしまった場合でも、深く考えずに素早く片付けてしまいましょう。頻繁にトイレだと間違えてしまうような場所があれば、防水シートを壁一面や床に敷いておくことで片付けも楽になりますし、何より精神的な負担も少なくなるはずです。

 

 

やってはいけないことは認知症患者さんの前で排泄の失敗を嘆くこと。愚痴は勿論の事溜息や表情に表すのも厳禁です。排泄の失敗は悪気が無いからこそ恥ずかしいし罪悪感を感じているものです。患者さんの気持ちも理解して上げることが大切です。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!