小さな子どもに認知症を理解させるためには

小さな子どもに認知症を理解させるためには

 

 

認知症の患者さんと、小さな子どもが同居していることもあるかと思います。その場合は、子どもに対してお婆ちゃんは認知症と言う病気なんだよと正しく理解をさせてあげることが大切です。

 

 

 

 

中学生や高校生のお子さんであれば、認知症はこのようなことが原因で発症して、こういう症状が出る病気なんだよ。と話せば理解してくれることも、まだまだ小学生にも満たないような児童の場合ですと、イマイチピンと来ないことが多い場合があります。

 

 

 

ですので、小さな子どもでも納得してもらえるように分かりやすい説明を心がけて行きたいところです。

 


スポンサーリンク

 

例えば、子供に対して何度も名前を聞き返すようになると、子供は何で何回も自分の名前を聞くのだろう?という疑問を持つようになります。そこで、「お婆ちゃんはバカだから何回も名前を聞いてこようとするの?」などととても素直な感想をぶつけてくることもあります。

 

 

 

 

 

まだまだ幼いために、仕方がない事なのですがこの場合は、「バカだから何回も聞き返すんじゃなくて、病気にかかっているからすぐ忘れてしまうんだよ。」と説明をしてあげるのが良いかと思います。

 

 

 

 

 

もちろん、子どもにも感情はありますから、様々な反応を示すことになるでしょう。お婆ちゃんは病気なんだから、僕が助けてあげなきゃ。と思う子どももいれば、認知症のお婆ちゃんに話しかけることがだんだん面倒くさくなって交流をしようとしないなど、子供によって患者さんへの対応は異なります。

 

 

 

 

 

ただ、一つだけ言えることがあります。それは、小さな子供の親であるあなたが認知症患者さんへ見本となる対応を実践する事。子どもというのは、親の言動を注意深く観察しているものです。

 

 

 

 

 

もしあなたが、患者さんに対していつもニコニコしながら優しく接していれば、子どもも同じように患者さんである祖父母と積極的に交流を持とうとするはずですし、逆に、患者さんに対して、「何でこんなことも出来ないんだ。」と大きな声で注意をしたりなど、冷たい反応をしているようであれば、子どもも同じようにあなたが患者さんへ投げつけた言葉をそっくりそのまま真似るようになります。

 

 

 

 

 

 

このような傾向を示す家庭を私は何度も体験をしてきました。ですので、もしも小さな子どもに家族の認知症患者さんに対する理解を持ってもらいたいのであれば、まずはあなたが見本となる行動を直接教えてあげる事。これに尽きるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

失敗をしても優しい態度を取るように心がけ、「例えお婆ちゃんは認知症で何度も同じことを言うかもしれないけど、相手のことをバカにするような態度をとってはいけないよ。」と優しく伝えて上げて下さい。何より説得力が違いますし、子どもも優しい大人へと成長して行ってくれるはずです。

 

 

 

 

 

それとは逆に、あなたが患者さんに対し冷たい態度を取っていることを子どもが見ているにも関わらず、上記の発言をしたらどうなるでしょうか。子どもは意外と賢いものですよ。何で言ってることとやってることが違うの?口ばっかで信用ならないな。と親であるあなたに対して不信感を抱くことでしょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!