認知症における転倒に注意しましょう

認知症における転倒に注意しましょう

 

 

高齢者の方は足腰が弱くなり、転倒することが多くなります。ですが、認知症を患っている高齢者の方は特に気を付けなければならないポイントがありますので解説をしていきます。

 


スポンサーリンク

 

転倒をしても痛みを感じない?

 

 

 

 

高齢者の方は布団で寝ている方も多く、布団の端に足を引っかけてしまい転倒してしまう事があります。朝起床をしたら、すぐさま片付けておくのがベストなのですが、片付けている最中や片付けるのを忘れてしまい引っ掛けてしまう方が多いんですよね。

 

 

 

特に認知症にかかると視野が狭くなってしまいますから、ちょっとした紐などでも足をひっかけてしまう恐れがあります。

 

 

 

 

転倒をしてしまい、膝を擦りむいてしまう程度であればあまり大きな問題ではないのですが、年齢を重ねるにつれて骨がもろくなってきてしまいます。

 

 

 

ですから、ひどい場合ですと大腿骨など大きく重要な役割を担っている部分を骨折してしまいますと歩くことが出来なくなってしまうので寝たきりになってしまうこともあります。

 

 

認知症にかかっていない方であれば、太ももを骨折をするというような大怪我をした場合、痛くてすぐさま周囲の人に助けを求めるかと思います。ですが、認知症を患っていると痛みを感じにくくなってしまいます。

 

 

 

 

その結果、骨にヒビが入っている状態でも何とも思わずに歩いてしまうこともあるんですよね。本人がそこまで痛がっている様子がないですから放っておいても大丈夫かな?と思ったのも束の間、一晩寝て翌朝うめき声がするので確認しに行ってみると、前日転んだ患者さんの脚が酷く腫れており、実は骨折を引き起こしていたなんていう事例もあります。

 

 

 

動くものには要注意!

 

 

 

認知症になってしまうと、今から自分がやろうとしていることは危険であるかそうでないかの区別が付きにくくなります。そのため、安全だと思っている自宅の中にも、場合によっては転倒をしてしまう恐れがあるものがいっぱいあるんです。

 

 

 

 

 

代表的な例が、食器などを乗せて食卓へと運ぶワゴンがあります。よっこらしょと、起き上がる瞬間にそれを掴んでしまう場合や、足が疲れたからと言ってそれにもたれかかってしまうとワゴンが動いてしまい転倒したりすることがあります。

 

 

 

 

ワゴンだけでなく、立てかけてあるホウキなどに身を任せて前方へと転倒することもあれば、引き戸に掴まったらガラガラと動いて身体を持ってかれてしまうなど、自宅の中には危険がいっぱいです!

 

 

 

転倒しないような配慮を!

 

 

私たちであれば、ワゴンに体を預ければどのような結果になるかが分かりますが、認知症の患者さんはそれを理解することが難しく、予期せぬ怪我に繋がってしまいがちです。

 

 

 

 

そのため、出来る限り自宅を転倒しないような環境作りを心がけて行きたいですね。例えば、ワゴンであれば使っていない時は押し入れにしまっておくなど患者さんが触れることがないようにし、足が悪い患者さんで何かに掴まらないと歩くことが困難だというのであれば、自宅の廊下などに手すりを設置してもいいかと思います。

 

 

 

 

 

当たり前のことですが、床にゴミなどを放置しておかない事。患者さんは些細な物でも転倒することがあります。このように徹底した環境作りを行えば、自宅で転倒をし、大きな怪我に繋がる心配は幾分か減るのではないでしょうか。

 

 

 

 

また、外出先でのスーパーの買い物かごも危険です。患者さんを常に見張っておき、転倒しそうなものに掴まらせないような配慮が必要になります。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!