認知症患者のイライラを抑える薬とは

認知症患者のイライラを抑える薬とは

 

 

認知症の症状として、イライラして何かがあったらすぐ怒ったり、原因が全く思い浮かばないのに突然家族に対し、暴力や暴言を吐くようになどの行為をする方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

このような症状に対しては、基本的に非薬物療法を用いていくのですが、あまりにもイライラが治まらなかったり、家族の方が介護の疲れで精神的・身体的に疲弊してしまうようであれば、薬物療法として治療していくこととなります。

 

 

 

 

この際使用されるお薬と言うのは、抗精神病薬と抗てんかん薬になります。抗精神病薬は、幻覚や妄想mた、暴力行為が見られる場合に用いられるお薬と全く同じものです。

 

 

>>関連記事:認知症患者の暴力に効果的な薬とは?

 


スポンサーリンク

 

抗てんかん薬としましては、バルブロ酸やもしくはカルバマゼピンを使用されることが多いかと思います。

 

 

 

 

ですが、これらのお薬を使用したからと言ってすぐにイライラが治まるかと言われればそういう訳ではなく、その上副作用として、めまいが起きるようになったり、逆にイライラが継続されてしまう易怒性と呼ばれる状態になってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

例を挙げますと、アルツハイマー病治療として用いられる塩酸ドネペジルにより、以前と比べてみても怒りやすく人が変わったように感じるという声も多く上がっています。

 

 

 

 

 

イライラが一向に収まる気配が見られないようであれば、主治医に相談して対処法を教えてもらいましょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!