認知症患者に用いる睡眠薬とは?

認知症患者に用いる睡眠薬とは?

 

 

認知症患者さんの夜になるとなかなか寝付けずに辛そうにしている所を目撃したり、夜中に何度も目覚めて「家に見知らぬ人がいる」と言われて何度も起こされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

介護をする家族からしてみたら、夜にしっかり寝てもらい、自分たちに負担をかけたくないとして睡眠薬の処方を希望される方が多いのではないかと思います。

 


スポンサーリンク

 

睡眠薬はその効果から大きく4つに分類されています。

 

 

 

  • 超短時間作用型
  • 短時間作用型
  • 中間作用型
  • 長時間作用型

 

 

認知症患者さんは基本的に高齢者の方が多いですので、この中でも比較的作用時間が急速に現れる超短時間作用型か、短時間作用型の睡眠薬を使用することが好ましいとされています。

 

 

 

 

具体的に言いますと、筋弛緩作用が弱く高齢者にも安心なゾルピデムやゾピクロン、ブロチゾラムなどが用いられることが多いです。

 

 

 

睡眠薬使用における注意点

 

 

 

睡眠薬はなぜ寝つきが悪い状況を改善してくれるのか。それは、筋肉の弛緩作用を通じて睡眠を促進させてくれるからなんです。要するに、筋肉の働きを鎮めてくれて、脳が休まりやすい状態を作っているという訳なんですよ。

 

 

 

 

 

ですので、不用意に睡眠薬を使用して、それがあまり作用せずに中途半端な状態で働いている場合、夜中に途中で目を覚まし、トイレに行こうと立ち上がったら足に力が入らずにふら付いて転倒してしまうといった事態も十分に考えられる訳です。

 

 

 

 

高齢者は骨がもろくなっておりますので、軽く転んだだけで骨折なども起こり得ますから注意をする必要があります。

 

 

 

場合によっては睡眠薬が効かないことも

 

 

 

 

認知症が進行してくるにつれ、睡眠薬の効果が徐々に薄れて来る傾向にあります。これは単に慣れたとかそういう次元の話ではなく、睡眠覚醒を司る脳自体に病変が進展し、脳組織が壊れてしまうからなんです。

 

 

 

 

実際に、認知症患者さんの中には独自の生活リズムを持っていらっしゃる方も多く見えます。例えば、2日間一睡もせず、3日目にやっと数時間の睡眠を取り、また2日間起きっぱなしという感じです。

 

 

 

 

様々な睡眠薬を処方してみましたが効果は見られず、結局その生活リズムのまま介護を行っていく形となりました。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!