認知症の抗認知症薬

認知症の抗認知症薬

 

 

認知症患者さんは抗認知症薬を用いて治療をしていくことが出来ます。現在、わが国で使用できる抗認知症薬は塩酸ドネペジルだけです。日本ではこれだけですが、海外はいくつかの薬剤を使用することが出来ます。

 

 

 

現在使用されている薬剤は、その作用から

 

  • コリンエステラーゼ阻害薬
  • N-methy-D-aspartate受容体拮抗薬

 

の2つに分けることが出来ます。
前者には塩酸ドネペジル以外にもリバスチグミンやガランタミンなどがあり、後者にはメマンチン塩酸塩があります。

 


スポンサーリンク

 

コリンエステラーゼ阻害薬

 

コリンエステラーゼ阻害薬と言うのは、簡単に言えば脳内で分泌されるアセチルコリンの分解を抑える働きをもつ薬剤です。アセチルコリンとは何なのかと言いますと、記憶機能に影響を及ぼしている神経伝達物質です。

 

 

 

このアセチルコリンが減少してしまう事でアルツハイマー病の発症に関与している可能性がある事から、脳内のアセチルコリンの分解を抑える薬剤が開発されればアルツハイマー病の症状の進行を抑制できると考えられて、世界中でも幅広く用いられるようになったのです。

 

 

 

 

ですが、都合のいいことばかりではありません。アセチルコリンを産生する神経細胞がさらに壊れてしまうと、アセチルコリンの減少量もさらに増えてしまいますから、コリンエステラーゼ阻害薬ではその不足した分を補う事が難しくなってしまいます。

 

 

 

ですので、コリンエステラーゼ阻害薬を使用していた場合でも、服用してから1年が経過しますと再び症状が進行・悪化して行くことになります。

 

 

 

現在わが国では、リバスチグミンやガランタミンなどの臨床実験が進行中です。ガランタミンは経口薬なのですが、リバスチグミンは消化器系の副作用を避けるために経皮吸引型(パッチなどの貼り薬)に変更して治験を行っています。

 

 

N-methy-D-aspartate受容体拮抗薬

 

methy-D-aspartate受容体拮抗薬の一つであるメマンチン塩酸塩の役割としまして、神経細胞を保護してくれる役割があります。海外の報告によりますと、アリセプトと併用して服薬することでより高い効果を見られるとされています。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!