認知症で見られる夕暮れ症候群とその対処法について

認知症で見られる夕暮れ症候群とその対処法について

 

 

認知症の患者さんは、夕方になると自宅に帰りたがる夕暮れ症候群と呼ばれる症状が現れるようになります。日中はデイサービスなどに通い、認知症の目立った症状が現れることなく過ごしていたのですが、夕方になると突然現れるのがこの夕暮れ症候群の特徴。

 

 

 

認知症の患者さんは過去の世界に生きていることが多いですから、ここは自宅だと教えてあげても納得してくれない場合が多いんです。そのような場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

夕暮れ症候群に伴う心理とは?

 

 

 

夕暮れ症候群を発症した患者さんは、記憶障害と見当識障害の認知症における中核症状のために、自分自身が今どこにいて何をしているのかの判断が出来ない状態になっているんですね。

 

 

 

 

 

ですから、今現在住んでいる家を他人の家だと思い込み、小さい頃など過去に住んでいた家を今住んでいる家だと思い込んでしまうために、帰ろうという行為を見せるんです。

 

 

 

 

本人は、家で子どもがお腹を空かせて待っているから早くご飯を作らなくては、とか安心を求めて家に帰ろうとすることがほとんど。なぜこのような症状が出るのかの具体的なメカニズムは分かっていませんが、自宅にいながら荷物をまとめて家から飛び出していくというケースも見られます。

 

 

 

 

夕暮れ症候群への対処法

 

 

 

夕暮れ症候群に陥ってしまった患者さんへの対応として、まず本人の気持ちを認めて上げることが大切です。決して帰宅しようとする動作を頑なに食い止めてしまってはいけません。

 

 

 

 

 

例え自宅だとしても患者さん本人からしてみれば見ず知らずの環境です。居心地が悪いのはもちろんのこと、この人は自分を家へ帰らせてくれない危ない人という認識を植え付けてしまう事にも繋がります。

 

 

 

 

 

例えば、あなたも仕事が終わり自宅に帰ろうとしたときに、意味もなく上司から帰宅を阻止されてしまうと不安に感じてしまうはずです。この後何を言われるのだろうかとそわそわしてしまう気持ちは、あなたも患者さんも同じなんですね。このようにイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

ここが自宅であるという証拠を見せる

 

 

 

患者さんが荷物をまとめ家から出ようとした場合、笑顔を見せつつ優しい口調で「ここはあなたのお家ですから、帰る必要はないですよ。」と語り掛けて上げましょう。

 

 

 

 

この段階ではまだ納得する可能性が低いですから、表札を見せたり、本人やその家族が写っている写真を見せて上げるなどをして、今いる場所が自宅であるという認識を持たせてあげましょう。

 

 

 

注意を別のものに逸らす

 

 

 

夕暮れ症候群のみならず、様々な認知症の症状に応用することが出来るのがこの手法です。

 

 

 

帰ろうとした場合、「今日はもう暗く雨も降って来そうですし、ここに一晩宿泊させてもらいましょう。」でしたり、「あ、そういえば美味しい和菓子がありますので、それを食べてから自宅へと戻りましょうか。」などと患者さんが自宅へ帰るという注意を、何か別の物へと変換させて上げることで夕暮れ症候群に対する意識を逸らせようという作戦です。

 

 

 

散歩をして再び自宅へと戻る

 

 

 

上記の2つの方法を試してみても解決しないようであれば、この作戦を使います。

 

 

 

 

 

家族の誰かが一緒に患者さんと散歩をし、15分程度経過した段階で再び自宅へと戻るというもの。散歩により、気分がすっきりとしますので健康にもいいですし、散歩中に新たな感情が沸くことが多いですので、自宅に帰ろうという気持ちが薄くなるはずです。

 

 

 

 

到着した際には、「自宅へと着きましたよ。ご飯を食べましょうか。」と声を掛けて上げ、今いる場所が自宅であるのだという再認識させてあげることが大事です。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!