家族に対する尊敬と感謝を持ち続けましょう

家族に対する尊敬と感謝を持ち続けましょう

 

 

もしも、自分の親が認知症になってしまった場合でも、いつまでも尊敬と感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

 

 

 

確かに今まで元気だった親が突然認知症になってしまうこともあります。健康だった頃を知っている分、認知症になってしまった親を現実として受け入れるのが難しい方も多くいらっしゃいます。

 


スポンサーリンク

 

でも、いつまでも自分のイメージである「親」という認識を持っていてはいけません。認知症になってしまったのはしょうがないですので現実を受け入れることが先決です。

 

 

 

 

家族であるあなたが「以前のような元気な親のままでいてほしい」と感じる気持ちは分かるのですが、強く願うほどその気持ちに応えることが出来ない認知症の人に気持ちを察されてしまうこともありますし、もしくは自分自身が否定的な態度を取ってしまいがちです。

 

 

 

 

 

自分の中でも思っていないことを発言してしまう事態に繋がりかねません。このようなお互いに理解し合えない状況がいつまでも継続されてしまいますと、認知症の方は次第に不安定な気持ちへと変化して行き、妄想などさらに症状が酷くなっていってしまうことが考えられます。

 

 

 

 

 

 

まずは、家族が認知症に対する正しい知識を持ちその病気を理解するとともに、認知症の家族と現状に合った方法で尊敬と感謝の気持ちを保ったまま、コミュニケーションを取って行くことが必要になります。

 

 

日頃の会話の中で心がけて行きたいのは、認知症の方のこれまでの生き方を認めて、尊敬と感謝の気持ちを持ち、その気持ちを患者さんに伝わるようにしていきたいですね。そのためには、何でもかんでも家族の方がしてあげるのではなく、患者さんが家庭内における役割を何か作ってあげることが大事です。

 

 

 

 

 

 

そうすることで、自分はこの家でお荷物になっていないんだな。と充実感を得ることが出来ますので、心身を良好に保つことにも繋がるでしょう。認知症の方にとっては家族に必要とされているという認識を持つことは大きな支えになります。何かを達成することが出来たら「ありがとう」とさりげなく感謝の気持ちを伝えることも大切です。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!