認知症患者が抱き付く行為への対応

認知症患者が抱き付く行為への対応

 

 

認知症患者さんを介護して行く上で、突然抱き付かれるという経験を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな素ぶりは見せていない場合が多く、いきなりの事でびっくりしちゃいますよね。今回の記事では認知症患者さんが抱き付く原因と、その対処法について解説をしていきます。

 


スポンサーリンク

 

何でいきなり抱き付くの?

 

 

通常、歳を取って行くと共に性欲は減退して行くものと考えられています。ですが、介護中に突然抱き付かれたりベッドに誘おうとしてくると介護をしていく気持ちが薄れて行ってしまいます。このような行為は女性にも見られるのですが、大半は男性の認知症患者さんに多く見られるのが特徴です。

 

 

 

このような性的逸脱行為が起こる原因としまして、認知症による見当識障害や抑制力の低下に伴う欲求のコントロールが効かなくなっている状態が挙げられます。突然抱き付かれてしまいますと、抱き付かれた本人だけでなく周囲の人もびっくりしてしまいますが、認知症患者さん本人は何も悪気があって抱き付くという訳ではありません。

 

 

 

 

認知症として記憶が徐々に失われていく中で、いつも患者さんのことを介護をしてくれているあなたを奥さんだと思い込んでいる場合がほとんどなんですよね。

 

 

 

 

抱き付くという行為の根底には、愛したいし愛されたいという欲求があります。認知症になってしまうと、様々な事で不安を覚えやすくなっていますので、愛情を求めたり不安を和らげようとするために抱き付く場合がほとんどです。

 

 

抱き付かれないようにするためには

 

 

認知症の方が抱き付く場合、性欲を満たそうとするよりも安心感を得たい、愛情を得たいという理由からこのような行為に及びます。本人からしてみたら悪いことをしているという認識は一切ありませんので、叱ったところで叱られた意味が理解できませんし、好意を寄せていた人に突き放されたのだという不安感だけが残ってしまいます。

 

 

 

高齢者の認知症患者の場合、寂しさを感じていることがほとんどですので、介護を行うごとにさりげなく手を握ってあげるなどのスキンシップを行っていくことで、性的逸脱行為を抑える効果があります。認めて欲しい愛されたいという気持ちを理解し、汲み取って上げることが大切です。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!