脳血管性認知症患者に接する時の注意点

脳血管性認知症患者に接する時の注意点

 

 

脳血管性認知症の患者さんと接する時の注意点について解説をしていきます。

 

 

適切なアドバイスを行いましょう

 

 

脳血管性認知症であると診断された患者さんは、初期の段階から日常における実行機能で苦労をすることになります。例えば、シャツやズボンをどのように身につければいいのかが分からない場合や、電車やバスに乗ってもどのようにして切符を購入すればいいのか分からないなどと言った症状に悩まされます。

 

 

 

 

ですので、脳血管性認知症患者さんを持つ家族や周囲の人は、患者さんが出来なくなってしまったことを的確に教えてあげる姿勢が求められます。衣服の身に着け方を忘れてしまったのであれば、どのようにすればそれが解決できるのかを教えて上げたり、手取り足取り教えてあげるなどの介護が必要になってきます。

 


スポンサーリンク

 

時間を与えて上げる

 

 

脳血管性認知症患者さんは、考えがなかなかまとまらなかったり言葉が口から出てこないなど思考が緩慢になることがよくあります。それ故に、何か行動を起こそうとする場合でも開始するまで時間がかかることがあります。

 

 

 

 

介護をする家族は、急かすことなく患者さんが行動を起こすまでゆっくりと待ってあげる姿勢が大切です。少し待って自分からその場に適した発言や行動が出来るようになると、患者さんもまだまだ自分の力だけで何とかなるんだ、と自信を身に着けることが出来ます。

 

 

 

積極的な働きかけ、冷静な対処を

 

 

脳血管性認知症にかかってしまうと、自分から何かをしようと思わなくなることがあります。そのため、一日中何をする訳でも無くイスに座ったまま日が暮れるのを待ったり、今まで熱中していた趣味にも取り組まないといったことが見られるようになります。

 

 

 

 

思考能力が低下したまま1日を過ごしてしまうと、認知症の症状が悪化する事態になりかねませんので、介護を行う家族の方は、患者さんの興味関心を引き出せるように働きかけを積極的に行う事が大切になります。

 

 

 

 

また、感情の起伏が大きいのも脳血管性認知症の特徴。何も起きてないのに突然大声で奇声を上げながら怒ったり、ワンワンと泣き出す場面に遭遇することも十分考えられます。このような特徴をしっかりと理解しておき、冷静に対処をすることが求められます。

 

 

 

 

薬の管理を徹底的に

 

 

脳血管性認知症にかかる患者さんは、元々高血圧や糖尿病などの別の病気を抱えている場合が多く、様々な薬物療法を行っていることと思います。

 

 

 

脳血管性認知症の進行を防ぐためには、脳血管障害の進行を食い止めることに繋がります。ですので、薬を適切に処方をしていくことが大切です。患者さんだけに薬を任せてしまいますと、飲み忘れや飲み間違いが起こる可能性がありますから、薬の管理はその家族の方が徹底して行うようにしましょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!