アルツハイマー病患者に接する際の注意点

アルツハイマー病患者に接する際の注意点

 

 

アルツハイマー病の患者さんと接する際の注意点について解説をしていきます。

 

 

病気だという事を理解していない

 

アルツハイマー病の患者さんは自分がアルツハイマーである、認知症であるという事を自覚していなかったりそれほど問題だと思っていないことがほとんどです。その点につきましては、介護をする人や周りの人たちがこの特徴を知っておく必要があります。

 

 

 

患者さん自身は病気ではないと思い込んでいますから、病気であるということをストレートに伝えたり間違った行動を直すように説得すると言った接し方をしてしまいますと逆効果になる場合があります。

 


スポンサーリンク

 

すぐ怒るようになる

 

 

以前に比べ怒りっぽくなるのもアルツハイマー病患者さんの特徴です。アルツハイマー病患者さんを指導する時に、必要以上に注意をしたり怒ったりすると、突然怒り出すことが多くなります。

 

 

 

患者さんが自分勝手な行動をして頭にくることがあるかと思いますが、だからと言って患者さんを上から押さえつけようとしても何の解決にもならないことを覚えておいて下さい。こちらが怒ってしまう事で患者さんの心身が不安定になり、病状がより進行してしまったりその後の介護に支障をきたす恐れがあります。

 

 

人付き合いが上手

 

アルツハイマー病患者さんは外部の人と接触をする際、普段家族に見せる認知症特有の中核症状周辺症状はあまり見せずに、むしろ普通の人と何ら変わらないような対応をしている場面を何度か目撃するかと思います。

 

 

 

これは、アルツハイマー病特有の取り繕いが上手い、人付き合いが良好と言った特徴によるものです。アルツハイマー病について詳しく知らない知人から見ると、これでアルツハイマー病なの?と疑問に思ってしまう事があるぐらいです。

 

 

 

 

このような性質を利用して、介護サービスではデイサービスのような色んな認知症患者さんが集まる施設の利用を勧めてみてはいかがでしょう。自宅など、親しい間柄では乱暴者のような怒り方をする患者さんでも、施設の職員や他の患者さんとの間では愛想が良いとして親しまれていることも多いようです。

 

 

 

 

一つのことにやたらと拘る傾向がある

 

 

アルツハイマー病の患者さんは一つの事が頭から離れなければそのことばかり気になってしょうがなくなるのが特徴です。今日のお昼に何を食べたのかを思い出せないでいると、何を食べたのかを家族や周囲の人に何度も何度も質問してくるようになります。

 

 

 

このように一つのことだけに拘ろうとする患者さんには好きにさせておくのも1つの手です。拘りの内容で周囲を不快にさせてしまうような内容であれば、患者さんの注意を別の事に逸らしてみてはいかがでしょうか。すると、患者さんは今まで拘っていたことを忘れてしまい、そちらへと関心が移るようになります。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!