認知症の方への上手な話しかけ方

認知症の方への上手な話しかけ方

 

 

認知症の患者さんへ声を掛ける時は、出来るだけ伝わりやすいように分かりやすく話しかけて上げることが大切です。介護をする家族にとってストレスを抱えてしまう原因の一つとして、認知症患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないということが挙げられます。

 

 

 

 

 

「何で言っても分かってくれないの!」と患者さんとのやり取りにむず痒い思いをすることもあるでしょうが、認知症とは少しずつ緩やかに進行して行く病気です。

 

 

 

 

 

 

以前は同じ言い方で通じたとしても、今では通じなくなったというのはよくある事です。あなたが伝えようとすることを正しく患者さんに理解をしてもらうためには、家族側が話し方を工夫して分かりやすく伝えて上げる必要があります。

 


スポンサーリンク

 

ですが、分かりやすく伝えようとするあまり、大きな声で叱ってしまうような言い方をしてしまうのはNG行為です。あなた自身は怒っているつもりはなかったにしろ、強い口調で話してしまうと認知症患者さんは自分は今叱られているんではないだろうかと不安に感じてしまう瞬間があります。

 

 

 

 

 

認知症の人と会話をするときは、ゆっくりと優しく話しかけてあげること。特に高齢者の場合は耳が遠くなっていることがほとんどですから、顔を近づけて出来るだけ聞こえやすいような工夫も大切です。

 

 

 

 

 

また、こちらが話しかけている時は反応をしっかりと確認し、話しの内容を理解しているかしていないかの確認を取りましょう。ある文章を一通り伝え終えたら「分かりましたか?」と声を掛けて会話についてこれているかを定期的にチェックをすることが大切です。万が一、理解していないようであればもう一度一から説明して上げるようにして下さい。

 

 

 

 

 

もしも、質問をする場合がありましたら出来るだけポイントを絞ります。例えば、「お散歩はどうでしたか?」と質問をするよりも、「〇〇公園の桜、綺麗だったでしょう?」と具体的な質問をしてあげることで、混乱をせずに正しくこちらの質問に対して返答をしてくれます。

 

 

認知症患者への話し方のコツまとめ

 

 

 

話し方に気を配る

 

耳が遠く聴力が衰えている患者さんが多いです。顔を近づけて一音一音分かりやすく発音を。怒っていると感じられないようにニコニコしながら穏やかな口調で話しかけて上げましょう。

 

 

 

わかりやすい表現を使う

 

認知症の人は複雑な言い回しを理解することはとても苦手です。そのため、何かをするときには分かりやすく具体的な言い方に置き換えます。

 

 

(例)

 

×食事をしましょう
◯ご飯を食べましょう

 

 

×着替えが済んだらベッドに入って寝て下さい
◯着替えてください→(着替えが終わったら)ベッドに入って寝て下さい

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!