認知症患者との接し方

認知症患者との接し方

認知症患者との接し方記事一覧

家族に対する尊敬と感謝を持ち続けましょう

もしも、自分の親が認知症になってしまった場合でも、いつまでも尊敬と感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。確かに今まで元気だった親が突然認知症になってしまうこともあります。健康だった頃を知っている分、認知症になってしまった親を現実として受け入れるのが難しい方も多くいらっしゃいます。

≫続きを読む

認知症の方への上手な話しかけ方

認知症の患者さんへ声を掛ける時は、出来るだけ伝わりやすいように分かりやすく話しかけて上げることが大切です。介護をする家族にとってストレスを抱えてしまう原因の一つとして、認知症患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないということが挙げられます。「何で言っても分かってくれないの!」と患者さんとのやり...

≫続きを読む

アルツハイマー病患者に接する際の注意点

アルツハイマー病の患者さんと接する際の注意点について解説をしていきます。病気だという事を理解していないアルツハイマー病の患者さんは自分がアルツハイマーである、認知症であるという事を自覚していなかったりそれほど問題だと思っていないことがほとんどです。その点につきましては、介護をする人や周りの人たちがこ...

≫続きを読む

脳血管性認知症患者に接する時の注意点

脳血管性認知症の患者さんと接する時の注意点について解説をしていきます。適切なアドバイスを行いましょう脳血管性認知症であると診断された患者さんは、初期の段階から日常における実行機能で苦労をすることになります。例えば、シャツやズボンをどのように身につければいいのかが分からない場合や、電車やバスに乗っても...

≫続きを読む

レビー小体型認知症患者に接する時の注意点

レビー小体型認知症の患者さんと接する時の注意点について解説をしていきます。症状に日内変動が見られることを理解するレビー小体型認知症での最も大きな特徴は、発生する症状に日内変動が見られるという事です。そのため、認知症の症状やパーキンソンの症状が日によっては1日の中でも大きく変動、動揺することを考慮した...

≫続きを読む

認知症患者を怒らせないようにするためには?

ふとした自分の言葉で認知症患者さんを怒らせてしまう、こんな経験は介護をしている人であればだれもが経験することだと思います。大事になってくることは話し方のみならず、どのように接して行くのかも大きく関わってきます。なぜなら認知症の症状が進行してきますと、難しい言葉や言い回しなどを理解することが出来なくな...

≫続きを読む

認知症患者が抱き付く行為への対応

認知症患者さんを介護して行く上で、突然抱き付かれるという経験を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな素ぶりは見せていない場合が多く、いきなりの事でびっくりしちゃいますよね。今回の記事では認知症患者さんが抱き付く原因と、その対処法について解説をしていきます。

≫続きを読む

過食をしてしまう認知症患者への対応とは?

ついさっき食事を終えたばかりなのにも関わらず、食事はまだかと怒りながらに語り掛ける認知症患者さんも少なくないと聞きます。このように過食に至ってしまう場合はどのように対処をすれば良いのでしょうか?認知症の方は、満腹中枢が刺激をされて満腹だと感じるまでにかなり時間がかかってしまいます。その上、食べたこと...

≫続きを読む

認知症で見られる夕暮れ症候群とその対処法について

認知症の患者さんは、夕方になると自宅に帰りたがる夕暮れ症候群と呼ばれる症状が現れるようになります。日中はデイサービスなどに通い、認知症の目立った症状が現れることなく過ごしていたのですが、夕方になると突然現れるのがこの夕暮れ症候群の特徴。認知症の患者さんは過去の世界に生きていることが多いですから、ここ...

≫続きを読む

認知症患者へは怒らないように接しましょう

認知症の症状としてもの忘れなどの記憶障害が徐々に現れてきます。ですが、そのような状況に遭遇した場合でも何で同じことを繰り返すの!と注意しても仕方ありません。なるべく怒らないように患者さんに接して上げて下さい。>>関連記事:認知症の中核症状、認知症の周辺症状

≫続きを読む