認知症と診断されたら行わなければならない事

認知症と診断されたら行わなければならない事

 

 

もしも、家族の誰かが認知症であるという判定を主治医から下された場合、その家族はどんなことをしなくてはならないのでしょうか?詳しくまとめて行きますので、何をすればいいのか分からないという方はご覧ください。

 

 

 

家族の中で役割分担をする

 

 

認知症の方が家族の中にいらっしゃるのであれば、原則として家族全員が一丸となって患者さんを支えて行くのが基本となります。その中でも、それぞれの得意分野を活かして、女性であれば食事などの健康面の管理でしたり、男性であれば入浴や排泄等の力が必要とされる場面での役割分担を決めておくと介護がスムーズに行えるでしょう。

 

 

 

また、日中は仕事で家を空けており残った家族に介護全般を任せているのであれば、休みの日には普段介護している家族と交替して介護に関わるようにして行きたいですね。

 


スポンサーリンク

 

 

 

介護保険の認定を受けておく

 

 

認知症と診断されたのであれば、今すぐに介護サービスが必要でない場合でも介護保険の認定申請をしておきましょう。なぜなら、認知症患者さんの病状が急速に悪化した場合や、もしも介護をする家族の方が病気などで入院をした場合、迅速にショートステイなどの介護サービスを受けるためには介護認定を予め受けておかなければならないからです。そのため、早い内に時間がある時に住民票がある市区町村で介護認定の申請を行いましょう

 

 

>>関連ページ:認知症の介護について

 

 

 

介護施設や介護サービスの情報収集を行う

 

診断が終わった後に、介護サービスを利用したい時には近くにどのような施設があり、値段やサービスの内容を知っておくと便利です。大学病院や総合病院には医療ソーシャルワーカーが常在していることが多いですので、利用できる介護の種類や実務を取り仕切ってくれるケアマネージャーなどについて詳しく質問してみるといいでしょう。

 

 

 

かかりつけ医の先生を見つける

 

 

大学病院や総合病院などの大きな病院で認知症であると診断をされた後、地元の医療機関を紹介される場合が多いです。この際病院選びも慎重に行わなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

かかりつけ医として、患者さんや家族の苦しみを十分に理解してくれたり、患者さんの行動や心理状態などに対して、適切なアドバイスをしてくれる医師を探すことが大切です。家族が初めて認知症に罹った場合、どのかかりつけ医に診てもらえばいいのか分からないと思いますので、近所の人の評判などを参考にして選択してみるのもいいですね。

 

 

 

薬は患者さんに任せきりにしない

 

 

認知症患者さんにのみ薬の管理を任せてしまいますと、飲み忘れや飲み違いなどが発生する場合があります。場合によってはレビー小体型認知症のように薬に対して過剰に反応をしてしまい、命の危険をもたらしてしまう可能性があります。そのため、認知症の薬だけでなく、身体疾患に関わる全ての薬において家族の方がしっかりと管理をしてあげてください。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!