認知症患者が利用すべき介護サービスとは

認知症患者が利用すべき介護サービスとは

 

 

 

介護保険の判定結果により、要介護度区分が認められた場合は介護サービスを利用することが出来ます。これらを大きく分類しますと

 

 

  • 在宅介護
  • 施設介護
  • 地域密着型

 

 

 

の3種類のサービスに分類することが出来ます。
家族による介護とこれらのサービスを組み合わせて円滑な介護を進めて行きます。東京都の調べによりますと、認知症高齢者のおよそ半数が何らかの介護を受けていることが明らかにされています。

 


スポンサーリンク

このような要介護者やその家族にとって是非ともおススメをしたいのが、

 

 

 

 

 

  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 短期入所(ショートステイ)

 

 

これらのサービスを利用すると良いでしょう。

 

 

 

 

訪問介護(ホームヘルプ)

 

 

訪問介護は、介護福祉士やホームヘルパーなどの介護専門職(ホームヘルパー)と呼ばれる人たちが自宅を訪問して患者さんの日常生活を手助けしてくれます。入浴や排泄、食事の介助などの身体介護と、買い物や洗濯などの生活に必要な援助を出来る限り患者さんとともに行っていく生活援助があります。

 

 

 

この訪問介護は1人暮らしの患者さんや、日中1人になることが多い患者さんに向いているサービスです。特に、1人暮らしの患者さんは毎日訪問してもらい、体の状態や飲み薬の管理などを依頼しておくと安心することが出来ます。

 

 

通所介護(デイサービス)

 

 

在宅での要介護者やその家族が積極的に利用して評判がいいのが、事業所や介護施設で介護サービスを受けるデイサービスです。このデイサービスは日中に施設でレクリエーションや患者さんの趣味をしながら過ごすことが出来るサービスで、最も人気が高く色んな患者さんに幅広く活用されています。

 

 

 

食事や入浴などの日常的に必要なサービスが受けられるのが特徴で、利用できる時間帯としましては、午前9時から午後の4時ぐらいまでの場合がほとんどです。デイサービスにも人数的な規模としまして、少数で活動をするアットホームな雰囲気の施設や、多くの利用者が集まる大型の施設がありますので、患者さんの性格に合った方を選択すると良いでしょう。

 

 

 

 

通所リハビリテーション(デイケア)

 

 

デイケアはデイサービスにリハビリテーションを加えた介護となります。日中施設に通いまして、理学療法士や作業療法士などの専門職の指導により、身体機能や普段の生活に必要な機能や、言語機能の回復や維持を目的としてリハビリテーションを受けることが出来ます。デイサービスよりも日常生活の機能を回復を重視するのであれば、こちらのデイケアの選択をおススメします。

 

 

 

 

 

ショートステイ

 

 

ショートステイとは認知症の家族の方が病気にかかってしまったり、仕事の事情で家を空けなければならなくなった時に、特別養護老人ホームなどに短期間入所をして、食事や入浴の世話でしたり、機能回復を目的とした訓練を受けたり、介護老人施設で医療を受けることが出来るサービスです。

 

 

 

 

 

このショートステイは患者さんの病状により、利用しなくてはならない時期はいつか訪れることでしょう。万が一の場合に備えてケアマネージャーに相談をしておいてどのような施設があるのかを予め把握しておくと後の選択で困ることがないはずです。

 

 

 

 

 

一時的に家から離れるとは言いつつも、認知症の方からしたら馴染み深い我が家を離れる事は不安に感じるはずです。普段から使っている枕やお気に入りの小物を施設へと持っていき、なるべく我が家と同じような環境に近づけることが極度の緊張を感じないための秘訣となります。また、ショートステイに伴う食費や宿泊費は自己負担となりますので、ショートステイにかかるお金は予め確認しておきましょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!