認定調査を上手く行う方法

認定調査を上手く行う方法

 

 

要介護認定を受けるために、まずポイントとなるのがこの認定調査です。認定調査として質問される内容は全部で74項目あります。この調査では一から順番に質問されることもあれば、手慣れた調査員の場合はある項目を聞くときに別の項目も同時に聞いてしまう事もあるので、必ずしも全ての質問が行われる訳ではありません。

 

 

 

認知症の認定調査を行う際にポイントとなる点は、

 

  • 日常生活に支障をきたす症状はあるのか
  •  

  • 心身ともに安定しているか、そうでないか

 

が重要になります。
例え認知症であったとしてもある程度自分で何でも行えるようですと、自分の望む介護区分にならないこともけっこうあります。これはなぜかと言いますと、要介護認定の仕組みが身体機能を重視した要介護度を設定しているためなのです。

 

 

 

>>関連記事:要介護度の判定の行われ方

 


スポンサーリンク

 

例を挙げますと、足が痛くて一人では歩くことが困難だという方たちに対しては、要介護認定レベルもかなり高めに設定をされるのですが、認知症の周辺症状として、頻繁に徘徊を繰り返すようになったとしても、体に特に異変は見られない場合は要介護度に反映することが難しいということになります。

 

 

 

 

そのため、認定調査における「特記事項」でしたり、主治医の「意見書」が重要になるのです。そこに特に何も書いていない場合、自分が受けたい要介護度に設定が反映されなくなってしまうのです。

 

 

 

認定調査を受ける際には、主治医にしっかりと診て貰って、意見書を書いてもらう事が大切になります。特に、認知症初期と言うのは、1回認定調査をしただけでは判断するのが難しく、適正な要介護認定が出ない例もありますから、「今現在こういう症状に悩まされていて、家族は介護の面でこんなことで苦しんでいる」と言ったことを適切に伝えて行くことが必要になります。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!