認知症患者が夜に騒ぐのはなぜ

認知症患者が夜に騒ぐのはなぜ

 

 

認知症の家族が夜中に急に起き出したかと思うと、急に騒ぎ出して玄関から出て行こうという症状が見られる場合があります。なぜ、突然夜中に大声で叫んで家から飛び出そうとしてしまうのでしょうか?

 

 

この症状が起きる原因としましては、夜間せん妄と呼ばれる、夜になると色々な妄想や不安に侵されてしまい、興奮して騒ぎ出してしまう症状を言います。本人からしてみれば、目が覚めたと同時に暗く閉じ込められた見ず知らずの部屋に閉じ込められているのでは・・?という錯覚に襲われているのです。

 


スポンサーリンク

 

こう考えると大声で叫んで飛び出そうとしてしまう気持ちも分からなくないですよね・・。早くこんな知らない場所から離れて、安心できる我が家に帰りたいんだという気持ちが強く働いているんです。

 

 

 

 

対処法としましては、夜中に目を覚まさせないようにしてもらう事が大切です。まず寝つきをよくするためには、昼間の活動量を見直して見ましょう。もしもあまり運動をしていない、外に出ていないようであれば活動量を増やしてみましょう。それでも夜中に起きて騒ぎ出すのではあれば、新たに処置を行っていきます。

 

 

 

 

 

患者さんがどれぐらい興奮をしているのかを目で見て確かめ、家を飛び出そうとする場合やあまりにも大きな声で永遠と叫び続けるなどをしないのであれば、多少騒いだとしても放っておくのも一つの手です。

 

 

逆に毎回毎回様子を見に行ってしまうと、騒ぐことが癖になってしまい症状が治まらないと言った事も見受けられます。もしも、家を飛び出そうとするのであれば部屋に外鍵をつけておくなどの対策が必要です。

 

 

 

 

また、早寝をしすぎないことも大切です。夜の9時ぐらいに寝始めてしまいますと高齢者であれば深夜の3時ぐらいに覚醒状態に入ってしまいます。そのため、早く寝すぎることが原因であるならば就寝時間を少し遅らせてみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

家族の方に余裕があるのであれば、添い寝をしてあげて不安を解消させてあげるのも有効です。

 

 

 

これでもなお、認知症患者さんが夜中に大声で騒ぎ続けるのであれば、主治医に相談をして薬物療法などを受けることもあります。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!