認知症と言う病気を受け入れましょう

認知症と言う病気を受け入れましょう

 

 

認知症は本人だけでなく、介護をする家族にとっても辛い病気です。まずは、この認知症の症状を自分自身で受け入れることが気が楽になるための心構えです。

 

 

ではなぜ、認知症は他の病気の介護と比較をして負担が大きく感じてしまうのでしょうか?認知症の症状にもよるのですが、主な理由としましては以下のような内容が挙げられます。

 


スポンサーリンク

 

認知症の介護の負荷を大きく感じる理由

 

 

介護によるストレスが大きい

 

認知症の患者さんは発言や行動に対して頑固になりがちです。そのため、イライラさせられたり本人のためにせっかく頑張っているのに感謝の一つもないと気分的にガッカリすることもあります。

 

 

認知症を認めたくない

 

認知症という病気を受け入れられないことが災いして、自分でも思っていないことを認知症患者さん本人にぶつけてしまうことがあります。例えば、きつい言葉をかけてしまったり無視をしてしまったりなど。また、家族に対して依存し切ってしまう事が原因で家族以外の援助を受けたがらないこともあります。

 

 

病状の回復が見込めない

 

認知症は完全に治るという事は無く、治療を進めていく場合でも病状の進行を食い止めるために行う治療がほとんどです。そのため、症状がひどくなり今後の事を想像しながら介護を続けて行かなければならないのは辛い事です。

 

 

 

長期に渡り介護をしていく憂鬱さ

 

認知症は個人差や体質はあるものの、基本的に病状がゆっくりと進行して行くのが特徴の病気です。長期に渡る介護が必要になりますので、家族の心身や経済面に大きな負担がかかることになってしまいます。

 

 

コミュニケーションが取り辛くなる

 

病状が悪化して行くにつれ、会話が噛み合わないなどの医師の疎通を行う事が非常に困難となってしまう。介護のやり方だけでなく、日常的にどのように相手をするのが最善なのかと悩まされる日々が続きます。

 

 

周囲の理解を得にくい

 

認知症は症状が進行をするまで体に障害が出ることが少なく、周囲の人からしてみると一見健康そうに見えることもあります。ですので、介護の理解が無い人との会話になると自分の辛さを理解してもらえないことも介護をして行く上でのストレスになります。

 

 

 

認知症は脳に何らかのトラブルが起こり発症します。認知症にかかる前の元気な家族を知っているのであれば、もっとしっかりしてよ、と思うかもしれません。介護をする家族からしてみれば、以前のような明るい状態に戻って欲しいというのが本音なのですが元には戻らないのが現実です。

 

 

 

 

腹が立つような行為をされることもあるかもしれませんが、このように家族や周囲の人に迷惑をかけるのは認知症という病気が原因なのです。認知症患者さん本人からしてみれば、恐らく家族の誰よりもつらく不安に感じていることでしょう。本人の意志だけではどうにもならないのが認知症です。

 

 

 

 

患者さん本人とその家族の負担を減らそうと考えているのであれば、まずは家族が認知症と言う病気をしっかりと受け入れること。このサイトを通じて認知症とはどのような病気なのかを理解して頂ければ、イライラすることをされても「病気だから仕方がない。私が支えて行かないと」って思えば、以前よりか物事を冷静に見られるようになるはずです。

 

 

 

 

また、家族だけで乗り切ろうとしてはいけません。近所の人にも助けを求め、地域が一丸となって認知症患者さんを支えていけるようになっていくことが大切です。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!