人との会話は認知症を予防に繋がります

人との会話は認知症を予防に繋がります

 

 

毎日のように人と楽しそうに会話をしている人は、イキイキといつまでも若々しい印象を受けませんか。これは、会話をすることで脳をフル活動させているためで、まさに認知症を予防するという観点から見ると一番手軽に行えるものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

例えば、小学校や高校などの地元の同窓会などがそうです。人によっては、同窓会には興味がないとお考えもいらっしゃるかと思いますが、同窓会は脳に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

 

 


スポンサーリンク

 

実に数十年振りに会ったような友人と、昔の学校での過ごし方について語りあったり、いわゆるクラスのマドンナのような人と久しぶりに会う事で青春時代を思い出したかのように胸がときめくこともあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

実は、このように昔のことについて思い出すということは脳にとってみれば好都合なんです。喜びのホルモンであるドーパミンがドバドバと分泌されるんですね。脳は以前よりも活性化し、血流も良くなりますからプラス思考に働きます。

 

 

 

 

 

実際に、人とコミュニケーションをすることが大好きな社交的な人は認知症にかかりにくいという結果が出ています。それに加え、地域活動やボランティア活動を積極的に行う人や、ゲートボールなどの共通の趣味を持つ仲間との交流をする人は、していない人と比べてみても遥かに認知機能が高いというデータもあります。

 

 

 

 

それとは逆に、人と交流することがあまり好きではなく、近所の人と顔を合わせても挨拶する以外の会話が無かったり、人の好き嫌いが激しかったりなど社会性に欠ける孤独な生活を送っている人は、脳に人との交流と言う枠組みでの刺激が脳に加わりませんので、認知症になりやすいのです。

 

 

 

会話をしないことで孤独感が生まれる

 

 

アメリカで行われたとある研究結果があります。それによりますと、社会的な繋がりが狭く、他人とともに何かを成しえるということが少なく、それに伴う孤独を感じている高齢者は、そうでない人と比べると、認知症にかかるリスクがぐんと上昇、何と2倍もの違いが生まれるということです。悪影響はそれだけでなく、孤独を強く感じている人は、記憶力の低下が著しいとされています。

 

 

>>関連記事:認知症患者が感じる孤独とは

 

 

 

 

孤独を感じるという事は、そのメカニズムは明らかになってはいませんが、脳へと流れる血液の量を減少させる上に認知症になるのではないかと考えられています。孤独感が積もりに積もるとやがてうつ状態へと発展します。うつ状態になると、記憶を司る部位である海馬の機能が大きく低下します。

 

 

 

 

 

また、高齢になると何を言っているのか聞き取れなくなるような耳が遠くなるという症状が出始めますね。適切な治療を行えばいいのですが、もし何もしないで放置をしてしまいますと、相手が何を言っているのか聞き取ることが出来ないことが原因で会話を楽しむことが出来なくなり人との交流を避けるようになります。

 

 

 

 

 

前述の通り、人との交流をしなくなってしまいますと、孤独を感じるようになり脳の機能はみるみる内に失われていってしまいます。

 

 

 

 

 

脳は常に新たな刺激を求めています。刺激が加わることで脳は活性化され脳内のネットワークもよく働いてくれます。ですから、孤独や寂しさを感じるなどと言う事は絶対に避けなければいけません。出来る限り人と交流をするために、お散歩でもいいですので外に出て人と交流をするようにしていきたいですね。

 

 

 

 

 

もしも、あなたが内気でどうしても人と交流することが出来ない・・・という方は本認知症専門サイトがおススメをする心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか 〜 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 〜を活用してみてはいかがでしょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!