手芸はなぜ認知症を予防出来るのか?

手芸はなぜ認知症を予防出来るのか?

 

 

手芸を行う事で、認知症を予防することが出来ると言われています。なぜ手芸を行う事で認知症予防に繋がるのでしょうか?詳しく解説をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

手芸と言いますと、編み物やビーズ細工など様々なものがあるのですが、これらに共通する内容としては手を使い繊細な動きをさせることです。手を細かく動かすことが求められたり、場合によっては力を入れる作業があります。


スポンサーリンク

 

 

動物は何かアクションを起こそうとする際に、脳内の感覚中枢と運動中枢の間に多くの情報が流れ込みます。特に手には神経が密集している部位ですので、意識して手を動かす事で脳は強い刺激を受けて、その情報は広い範囲へと伝えられていきます。

 

 

 

 

 

その感覚中枢と運動中枢の最も広い部分を占めているのが、手や指などを支配する領域であるからです。足に比べるとおよそ4倍も違いがあると言われています。

 

 

 

 

 

手を頻繁に動かすことで、神経細胞内のシナプスと呼ばれる神経伝達物質の働きを活発化させてくれることにも繋がります。シナプスが積極的に活動を行っているということになりますので、もちろん脳に流れる血液の量も通常よりも多くなるんですね。

 

 

 

 

 

指先を集中させる手芸などを行う事で、このように脳を活性化させてくれる作用があるんです。今まで手芸などをしてこなくて、始めた当初は不器用化もしれませんが、回数を重ねるごとに次第に技術が上がって行くのを認識出来るのも手芸のいいところ。

 

 

 

手芸は手を動かすだけでなく、指先に全神経を集中させて行いますから、運動機能以外の脳機能にも刺激が加わります。そして、何と言っても、自分が1から頑張って手塩にかけて作ってきた作品が完成した時の達成感と言ったらありません。

 

 

 

 

 

 

脳に喜びの信号が伝わる事になり、快楽物質であるドーパミンを分泌させてくれますから日々の生活をいきいきとしたものに導いてくれること間違いありません。このような点が、手芸は認知症やアルツハイマー病に多大な効果をもたらしてくれるという訳なんですね。

 

 

 

 

 

 

手芸は基本的に室内で行いますから、雨の日だろうと患者さんがやりたいと思った時に行えるのもいいですね。人と交流することが苦手な患者さんでも1人で黙々と行う事が出来、手芸をすることで楽しいと感じてもらえるようになるはずですので、認知症の予防や症状を食い止めるための治療の一環として是非とも取り入れて行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

もしも、手芸に取り組んでみたいという方はまずはマフラーを作ってみてはいかがでしょう。冬になると首元が冷えますし、大事な人へのプレゼントとしても喜ばれること間違いなしです。どのように作ればいいのか分からない、という方はマフラーを編むための解説DVDを参考にしてみることで納得のいくマフラー作りを実現できるはずです!あったかーいマフラーを作って冬の寒さに備えましょう!

 

 

 

 

>>マフラーを編むための解説DVDは以下のバナーからどうぞ!

 


 

 

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!