園芸療法で認知症予防を!

園芸療法で認知症予防を!

 

 

園芸療法は認知症の治療を行っていく上で非常に効果的であると言えます。植物を育て、植物に囲まれる生活をすることは非常に気持ちが良いものです。

 

 

 

 

 

実際に、19世紀にはアメリカの精神科医がうつ病などの精神疾患に効果があると報告しているほどです。現在では、認知症を始め様々な疾患を抱えている人に対し、園芸療法をリハビリとして取り入れている患者さんが非常に多くいらっしゃいます。

 


スポンサーリンク

 

五感を使って活発な活動を!

 

 

園芸療法では、主に植物を育てて行きます。手を用いて土を混ぜる作業は視覚と触覚を使います。ですので、脳に新たに刺激が加わり血流を改善させてくれる効果があるんですね。

 

 

 

 

それだけではなく、実際に育て花が咲くことでキレイだなあと感じることが出来ますし、当然花のいい匂いが漂ってきます。嗅覚が刺激され、気持ち的にリラックスすることが出来るでしょう。また、成熟した野菜や果物を食べることで味覚を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

そして、これらの作業を全て自分で行う事が出来たのだ、という達成感をもたらしてくれますから、心に大きな活力を与えてくれるきっかけにもなります。

 

 

 

 

 

引きこもりになりにくい

 

 

 

認知症患者さんはどうしても気力が落ちてしまい、自宅に引きこもりな生活を送りがちです。そのままでは、誰とも話すこともなく思考力や判断力を養うことも出来ませんし、何より毎日が退屈でつまらないものとなってしまいますよね。

 

 

 

患者さんはその状況を何とかしたいとは思ってはいるんですが、何をしていいのか分からない状況。そこで役に立つのがこの園芸療法なんです。普段家から出ないような患者さんも植物を育てるために外出をするのがきっと楽しいと感じてくれるはずです。

 

 

 

 

また、同じく園芸療法を行っている患者さんもいらっしゃいます。そのような方たちと共に交流を行っていくことで毎日を楽しく活発に過ごすことが出来ますので、認知症の症状を少しでも進行を遅らせることが出来るでしょう。

 

 

 

上手く作る必要はない

 

 

 

園芸療法で誰よりも綺麗な花を咲かせる必要は決してありません。仮にも、他の患者さんと比べてみて花が一回り小さくても問題ないということです。

 

 

 

 

 

園芸療法において大切なことは、認知症にかかってしまい失われた精神面の機能を回復すること。毎日の中でささやかな楽しみを見つけ、それに没頭することが本来の目的なのです。

 

 

 

 

植物を育てるようになってから、以前に比べ性格が明るくなったという声も多数上がっています。もしも、家族の方に認知症患者さんがいらっしゃるのであれば、園芸に誘ってみてはいかがでしょうか。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!