認知症予防に緑茶が効果的?

認知症予防に緑茶が効果的?

 

 

緑茶が認知症予防に効果的であるということが分かってきています。緑茶の中にはいわゆる茶カテキンとして知られる多種多様なポリフェノールが素材の中に豊富に含まれています。この緑茶特有の緑の渋みや苦み成分がアルツハイマーを始めとした認知症の予防に繋がるという訳なんですね。

 

 

 

 

アルツハイマーにかかったマウスを使用した実験で、これらのマウスに茶カテキンを注入したところ、脳内に含まれる老人班と呼ばれるゴミのような物質の面積がなんと半分以下に減少したという結果が出ています。

 


スポンサーリンク

 

マウスを実験した研究だけでなく、実際に70歳以上の高齢者を対象に緑茶をどれくらい習慣的に飲んでいるのかという調査でも、マウスの結果同様に老人班が減少したというデータが出ています。1日に2杯以上緑茶を飲むグループは、週に3杯以下しか飲まないグループに比べて認知機能が55%も低下したのです。また、週に4〜6回飲むという場合は約44%減少するという結果が出たのです。

 

 

 

 

このような結果が出ているのですが、実際には緑茶と認知機能の関係は明らかにされていません。ですが、緑茶を毎日飲み続けるという事は認知症を予防することに繋がると考えても良いでしょう。

 

 

 

 

 

そして、緑茶には脳梗塞も予防するという明確な研究データも出ています。脳梗塞は脳血管性認知症だけでなく、アルツハイマー病を発症することもありますから、緑茶はアルツハイマー病の発症を予防し、進行を遅らせるという役割があるのです。

 

 

 

 

 

毎日麦茶を飲んでいるのであれば、これを緑茶に置き換えるだけで簡単に認知症予防を出来るというのは非常に嬉しい事ですね。良薬は口に苦しということわざがあるように緑茶は健康にいいんですね。定期的に飲む習慣をつけていきたいものです。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!