認知症予防に脳トレが取り入られる訳とは?

認知症予防に脳トレが取り入られる訳とは?

 

 

認知症以外にも、単純な物忘れを防ごうという目的で脳トレがブームになりました。今でもその脳トレブームは衰えを見せることなく、脳トレ本だけでなく、スマホアプリでもボケ防止に繋がるとして様々な脳トレアプリが存在しています。

 

 

 

 

ですが、それらの脳トレを行ったからと言って、認知症を予防出来たり、症状を食い止めることが可能になるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

脳トレは認知症予防に必ずしも効果的ではない

 

 

結論から申し上げますと、場合にもよりますが巷で有名な脳トレをしたからと言って、脳が活発になり認知症を予防するという事は必ずしも言えないのが事実になります。

 

 

 

 

世界的にも有名な科学誌である「Nature」に「認知機能に対する脳トレゲームの効果」と名付けられた研究テーマが発表されました。

 

 

 

 

それによりますと、計11,430人に対し脳トレを1日に1時間以上を週に3回、これを6週間に渡り実践してもらい、脳トレ開始前後で認知機能に変化は見られるのかを実験したんですね。

 

 

 

 

 

その結果、行った脳トレそのものの技能に向上は見られましたが、肝心の認知機能に至ってはほとんど効果がなかったというものでした。要するに速読や、計算が以前に比べて早くなったということは見られた訳ですが、根本から問題は改善することが出来なかったという訳です。

 

 

 

 

ただ、これはあくまでも科学的根拠な訳ですが、脳トレ自体やる意味がないのかと言われれば、必ずしもイエスとは言えないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

認知症を予防しようと思って脳トレを開始するのではなく、脳トレを行う事そのものが楽しいと思えるようになれば、それは本人にとって日々の生活における息抜きの一つになりますから、ストレスを解消することにも繋がります。

 

 

 

 

 

脳トレが認知症を予防するからと言って、患者さんにいやいややらせるという事は意味がないと思ってください。嫌なことを無理やり継続してもそれはストレスを溜めることにしかなりませんからね。

 

 

 

 

 

本当に自分の中で楽しくて時間が経つのも忘れてしまう、というぐらいの脳トレに出会う事が出来れば、脳からドーパミンが放出されて認知症の症状を少しでも食い止めることが可能になるのではないでしょうか?

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!