栄養不足に陥ると認知症になるの?

栄養不足に陥ると認知症になるの?

 

 

高齢者になると消化器系が弱くなってしまいますから、食べられる量に限りが出てくるようになります。認知症と似たような症状が出る場合で、見分けが付きにくいのはこの栄養不足による認知症のような症状。

 

 

特に一人暮らしをしているような高齢者では注意が必要です。食べられる量が減りますから、料理を作るほどでもなだろうという考えから3食をコンビニのおにぎりで済ませてしまうような方もいらっしゃいます。このような状態ですと、様々な栄養障害が症状として現れるようになります。

 


スポンサーリンク

 

どのようなメカニズムなのか

 

 

栄養不足として現れる症状の中でも代表的なのが貧血です。病院に定期的に通っている方でしたら、内科の担当医により早期発見に至ることが多いですが、どうしても見捨てられがちになってしまう症状として、ビタミンB1や葉酸などのビタミンB系の栄養素なんです。

 

 

>>関連記事:葉酸が認知症予防に効果的?

 

 

 

特に日本は胃がんにかかる人がめっぽう多く、早期の治療として胃の手術を行う方が多くいらっしゃいます。そして、その胃がんになられた方の半数以上がビタミンB12が欠乏しやすい状態になっているんですね。

 

 

 

 

食べ物からビタミンB12を吸収するためには、胃から分泌される胃内因子と呼ばれる物質が必要になるんですが、胃が無くなってくると胃内因子は分泌されなくなってしまうんですよ。

 

 

 

 

 

ですが、その場合でもビタミンB12の欠乏症は、胃を摘出してからすぐにこの症状が出てくるという事はまずなく、数年が経過してからまるで突然認知症になってしまったかのような出始めることとなります。

 

 

塩分不足が認知症を発症させる?

 

 

 

これと似たようなものとして、塩分不足に陥ると認知症になるのでは?という質問をされることが結構あるのですが、塩分不足になったからと言って認知症になるということはまずありませんのでご安心ください。

 

 

 

 

 

確かに、嘔吐や下痢などが頻繁に起こるようになり、慢性的に塩分不足で体内のナトリウム濃度が薄まりますと、認知症になったかのようにぼんやりとすることがあります。

 

 

 

 

そのため、数日前からぼんやりして物を忘れるようになった。認知症ではないか調べて欲しいという患者さんもおられるのですが、前述のとおり認知症ではなく一時的なものですので、塩分が不足していないかここ数日の生活を思い出してみて下さい。認知症とは、数日で発症するものではなく、少なくとも年単位をかけてじっくりと進行していきます。

 

 

>>併せて読みたい!:認知症を予防するには魚を食べるといい?カレーを食べて認知症予防に!

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!