家族が認知症を理解してくれない場合は

家族が認知症を理解してくれない場合は

 

 

診断を受け、主治医からあなたは認知症ですと診断をされても、家族や親せきが認知症のことを詳しく知らない場合は何らかのトラブルが発生することがあります。

 

 

 

若年性認知症にかかってしまった患者さんがおり、認知症と診断された後その患者さんの母親が「あんたがしっかりしてくれないから、息子は認知症になってしまったんだよ。」と患者さんのお嫁さんに対し全責任をなすりつけるような発言をして精神的に参ってしまったというケースも見られます。

 


スポンサーリンク

 

もしも、認知症にかかってしまった家族の人が認知症について理解をもってくれない場合はどのように対処をしていけばいいのでしょうか?

 

 

 

主治医から直接説明してもらう

 

 

認知症と言う病気について全く知識を持ち合わせていない場合や、間違った認識が頭の中にインプットされて困っているという場合は主治医からその家族に対して直接認知症のことについて説明してもらうのが一番正確な方法です。

 

 

 

 

しかし、実際には認知症について屁理屈ばかり叩くような家族の方は、様々な口実を作って主治医から説明を受けたがろうとはしないのです。なぜなら、一度主治医に会ってしまい、認知症についての正しい説明をされてしまうと、自分が患者さんの介護をしなくてはならないのだという立場に追い込まれてしまうことを恐れてしまうから。

 

 

 

 

家族全員が認知症についての正しい理解を持ち、全員で介護をしていくことが1番の近道なんですけどね・・。なかなか難しい家庭もあるようです。

 

 

患者さんを数日面倒を見てもらう

 

 

認知症の介護を手伝おうとしない家族は、介護の辛さを理解していない場合が多いです。まずは実際に介護を体験させてみてはいかがでしょうか。口先だけであれこれ言うのではなく、実際に患者さんの介護を体験してみることで、記憶障害や話が噛み合わないモゾモゾした感じ、さらには周辺症状としての徘徊や暴力などに悩まされるはずです。

 

 

 

 

このような体験してもらえば一発で理解が深まることが多いのですが、認知症に無理解な家族や親せきに対してはこの方法は上手くいかない場合が多いのも現実ですね。「自分には既に面倒を見なければいけない家族がいる」「面倒を見ている時間がない」など理由を作り介護をしようとすることを拒否してしまうからです。

 

 

 

強引に介護を体験させる手もありますが・・・

 

 

どうしても理解をしてもらえない場合は、多少強引ではありますが実力行使に出るという考え方もあります。例えば、母親の介護を仕事を理由に一切手伝おうとしない夫に対して、休日で夫が自宅にいる時には急用が入ったから家を出なければならない。と言って外出をして、夫が一人だけで母親の面倒を見なければいけない環境を作るという作戦です。

 

 

 

 

この作戦を行えば夫は嫌でも母親の介護をしなくてはなりませんよね。確かにこれが1番理解してもらうには手っ取り早い方法なのですが、その後の口論などを想像すると少々手荒な方法になってしまうかもしれませんね。もしも、これを実行する際は自己責任でお願いします。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!