高齢者が住み替えをするときは慎重に

高齢者が住み替えをするときは慎重に

 

 

いくら症状が緩やかで健康であったとしても、高齢者が住み替えをして新しい環境に適応するのは大変な事です。健常者が転勤などで住まいを変更する場合も心身面でも大きな負荷がかかるのと同じ事ですね。認知症の患者さんが最もくつろげる場所と言えば、長年住み慣れた我が家になります。

 


スポンサーリンク

 

急激に生活環境が変化してしまいますと、不安な気持ちが増幅されてしまい認知症の症状が悪化してしまう恐れもあります。認知症の症状が進行して行くにつれ、認知症の介護サービスを受けるなどの外部からの支援が欠かせないものとなるのですが、住み替えを行う場合には特に環境が急に変化しないようにする工夫が必要です。

 

 

 

仮にショートステイを短期間のみ実施することになったとしても、下調べをせずに準備不足のまま利用してしまいますと、患者さんの性格や好みに合わなかった場合、症状が悪化してしまう可能性があるので注意しなければなりません。

 

 

高齢者の方が住み替えを行う場合に大切なのが、新しく変化する環境に少しずつ慣れて行ってもらう事です。グループホームであればある程度の期間のみ通所介護を利用してみて、そこの施設や職員と特に問題がないようであれば体験入居に移っていきましょう。もし、ショートステイをする場合でもいきなり何日間も面倒を見てもらうという訳ではなく、なるべく短い日数から始めて行きます。

 

 

 

 

 

どちらの場合も、サービスを利用する前に施設の利用者としっかりと話し合っておき、認知症患者さんの普段の様子やどんな問題行動を起こすことがあるかでしたり、自宅での介護のやり方を正確に伝えておきますとサービス開始直後も安定して行うことが出来ます。

 

 

 

 

 

また、万が一受け入れ先の施設が患者さんの性格に合っておらず、拒否反応を示しているようであれば無理して入居させることはしないで、新しく患者さんが納得できるような受け入れ先を探すようにしましょう。

最近あれ・・?が気になるあなたへ

最近ちょっとした事を思い出せなくなってしまう・・・そんな経験はありませんか?

物忘れが気になりだした、そんなあなたにおすすめなのがマヨネーズでお馴染み、キューピーからのサプリメント「卵黄コリン!」

卵黄コリンとビタミンB12のパワーで、活き活きとした毎日を過ごしてみませんか!

▼キューピー卵黄コリンの詳細はこちら!▼

トウ・キユーピーの卵黄コリン!



認知症の家族の介護、不安に感じていませんか?
どれぐらいの費用がかかるの?どんなサービスがある?

初めて介護に関わる方からしてみれば不安な事だらけですよね。私も認知症の症状が出始めた母の介護をする時は本当に苦労したものです・・・。

介護なんてこれまで経験無くて右も左も分からないし、母と上手く意思疎通が出来なくて途方に暮れていた過去がありました。

過去の私と同じく、将来の介護に不安を感じているのであれば「介護の相談」と言うサービスがあなたの心の支えになってくれると思いますよ!

誰でもインターネットから介護の専門家に無料で質問を行えますので、これから介護をどうしよう・・・と悩みを抱えている方に人気のサービスです。

相談内容はどんな些細な事でもOK。もちろん自分自身が介護を受ける際の悩みを解決してもらうのもOKです。悩みが消えてきっと心が軽くなるはずです。

介護の相談の詳細ページへ!