認知症を正しく学ぶ〜健やかな老後ライフを目指して〜

認知症コラム記事一覧

認知症患者にホームヘルパーは何でもしてくれる訳ではない

よく勘違いをされてる方が多いのが、認知症患者さんに対してホームヘルパーが来てくれたら何でもしてくれるという事です。実は、ヘルパーと言うのは様々な制約があり、要介護度が3以下などの身体介護をあまり必要としない場合は、ヘルパーを利用することは適切でないことが多いのです。そもそも家事などと言うのは、在宅で...

≫続きを読む

認知症患者さんは火事に注意しましょう

認知症患者さんが気を付けなければならないものの一つに火事があります。特に、日中に患者さんが一人で過ごすことがある場合は注意をする必要があります。物忘れ外来に受診してくる患者さんの中には、体の一部に火傷の跡があり、「どうしたんですか?」と尋ねてみても、記憶障害のためにどうして火傷をしたのか分からないこ...

≫続きを読む

高齢者が住み替えをするときは慎重に

いくら症状が緩やかで健康であったとしても、高齢者が住み替えをして新しい環境に適応するのは大変な事です。健常者が転勤などで住まいを変更する場合も心身面でも大きな負荷がかかるのと同じ事ですね。認知症の患者さんが最もくつろげる場所と言えば、長年住み慣れた我が家になります。

≫続きを読む

認知症患者さんとの接し方が分からない場合は

家族の方が認知症になってしまうと考えると、今まで通りではダメだ。どう接していいのか分からないと感じる方も多いようです。確かに認知症患者さんは、病気が原因で物忘れなどの記憶障害を起こすようになったり、見当識障害として時間や場所が分からず迷子になったりすることもあるのですが、元々備わっている知的レベルま...

≫続きを読む

家族が認知症を理解してくれない場合は

診断を受け、主治医からあなたは認知症ですと診断をされても、家族や親せきが認知症のことを詳しく知らない場合は何らかのトラブルが発生することがあります。若年性認知症にかかってしまった患者さんがおり、認知症と診断された後その患者さんの母親が「あんたがしっかりしてくれないから、息子は認知症になってしまったん...

≫続きを読む

成年後見制度って?

成年後見制度とは、認知症高齢者や知的障害者などの精神神経疾患が原因で判断能力が低下した成人に対し、その本人の代わりにお金を保護したりさらには運用、権利保護を行う代理人を家庭裁判所で選定をされ、本人の財産や権利を保護するというシステムです。色々な契約を結ぶ上でも、この代理人が関与して承諾または拒否を行...

≫続きを読む

認知症患者は何をすることも出来ないのか

認知症になってしまうと何もすることが出来なくなってしまうのでしょうか?確かに認知症初期には出来ていたことでも、病気が徐々に進行して行くにつれて出来なくなっていくのは確かです。ですが、動作が以前に比べ遅くなっていくだけであり、全然出来ないという訳ではありません。認知症にかかってしまったからと言って何も...

≫続きを読む

認知症患者は感情が失われている訳ではない

認知症患者さんは表情がどことなくボーっとしている印象を受けますが、決して認知症になったからと言って記憶と共に感情までもが失われているという訳ではありません。このように、認知症になるとだんだんと表情が乏しくなることが多くなり、その表情には覇気を感じられないと言いますか、何とも言えない透明感が漂ってきま...

≫続きを読む

栄養不足に陥ると認知症になるの?

高齢者になると消化器系が弱くなってしまいますから、食べられる量に限りが出てくるようになります。認知症と似たような症状が出る場合で、見分けが付きにくいのはこの栄養不足による認知症のような症状。特に一人暮らしをしているような高齢者では注意が必要です。食べられる量が減りますから、料理を作るほどでもなだろう...

≫続きを読む

認知症と肥満との関連性

認知症と肥満は一見関係のないように思われがちですが、肥満になってしまうと認知症にかかってしまうリスクが増えてしまう事をご存知でしたか?まず、肥満の定義から説明して行きましょう。肥満と診断されるのはBMIが25である場合を指します。BMIとは、体重(kg)を身長(m)の2乗で割って算出をします。BMI...

≫続きを読む

認知症になる前に遺言書を書いておきましょう

認知症にかかってしまうと判断能力が著しく低下してしまいます。遺言書を予め作成しておき、本人の死後身内同士が揉めるのを防がなくてはなりません。本人の死をどのように迎えるのか、または財産相続の仕方を家族で話し合いをして決定することは非常に難しいものがありますね。人間だれしもが息を引き取る時には眠るような...

≫続きを読む

多量の喫煙・飲酒では認知症を予防することは出来ない

普段からあなたが何気なく行っている、その喫煙や飲酒の行為は認知症を発病させてしまう引き金になってしまうことをご存知でしたか?

≫続きを読む

認知症になっても死ぬことはありません

認知症にかかってしまうと、それがきっかけで死ぬのではないかと不安を感じていらっしゃる方も多いようです。確かに認知症と言うのは物忘れなどの記憶障害から始まり、症状が悪化していくにつれ、家族などの身の回りの人を認識することが出来ず、脳細胞が機能しなくなり寝たきりになって死んでしまう。恐らく多くの方が認知...

≫続きを読む